【面接対策】面接に通る自己PRの作り方!ニーズに合わせて未来を語る!
アシのMちゃんアシのMちゃん

企業面接の自己PRって、結局は何を伝えたらいいんですか?特にアピールできることもないんですけど。

こんな人のための記事です。

就職や転職の際に求められる自己PR。
何を伝えたらいいのかわからないという方も多いと思います。

結論から先にお伝えすると、自己PRのゴールは、自分の経験や能力をやみくもに伝えるのではなく、企業が求める能力を自分が持っていることを証明することです。

「自己PRをしてください」といわれると、多くの人が企業や聞き手のニーズに関係なく、自分が優秀であることを過去の経験をとおして語ろうとします。

これは間違いです。

企業が求めているのは、将来活躍してくれそうな人材や今空いているポストにハマる人材かどうかを見ています。

そのため自己PRでは、自分の優秀さやハイスペックさを主張するより、志望企業と自分がいかにマッチしているかを証明する必要があります。

この記事では、企業の求める能力を自分が持っていることを証明できる「自己PRの作り方」について解説をします。

ツクルカツクルカ

自己PRは実績だけでなく、可能性もアピールしよう!

企業が求める◯◯力の見つけ方

自己PRをするためには、企業の求めている人材がどのような人物であるかを探る必要があります。

就職や転職に関する本では、自分の経歴を棚卸しするところから始めますが、ゴール(答え)を意識せずに回答を用意するのは非常にむずかしい行為です。

まずはゴールから逆算して、自己PRを考えましょう。

求人票を確認する

企業の求める人材を確認するために、最初に確認するのが「求人票」です。

求人票には、就職や転職に関する会社概要や勤務条件など、面接に必要な情報がそろっています。

テンプレート化された情報であるため、抽象的な内容が多く、あまり役に立ちそうにありませんが、まずは求人票をしっかり確認して、条件や企業が求める人材をざっくり把握しましょう。

会社ホームページを確認する

求人票を一通り確認をしたら、会社のホームページを確認します。

ホームページには、その企業がこれまでどんな事業をしてきたか、いま何に注力しているか、またこれからどんな事業に注力するのかといった企業の過去と未来が記載されています。

これらの情報を頼りに、企業がどのような人材を欲しているのかを仮説を立てます

仮説を立てる際に最も役に立つのが、経営陣のメッセージ企業理念です。

面接官が面接で見ているポイントは2つだけです。

入社後に活躍できるか?マッチングするか?

これを測る指標が、企業理念です。

企業理念に則さない人材は、最初から相手にされません。

自己PRを考えるときに見るホームページでは、企業の事業と合わせて経営陣のメッセージと企業理念を忘れずにチェックしておきましょう。

そうすることで、企業の求める人材をある程度は仮説を立てられるようになります。

就職四季報を確認する

大手企業に面接に行かない場合でも就職四季報などは確認しておきましょう。

就職四季報では、企業の業績やビジネスモデルが他社視点でどのように評価されているかが記載されています。

たとえ、就職や転職をする企業が記載されていなくても同業他社の動向をチェックをすることは大切なので、念のため業界の動向に目を向けておきましょう。

ホームページでIR情報や競合他社のホームページをチェックするなどでも大丈夫です。

大切なことは、業界全体の流れとそれに対する企業の動向をしっかり把握し、それに対して自分ができるアピール内容を考えられるかという点です。

色々な企業のサイトを見て、仮説を立てていきましょう。

クチコミサイトを確認する

クチコミサイトは一次面接前に確認して、従業員が実際はどのような環境で働いているかなどの情報を確認しておきましょう。

この辺りの情報は一次面接で質問すれば、答えられる範囲で面接官が答えてくれます。

なので、アドリブに自信のある人は、どのような人材を求めているか?どういった会社なのか?という質問に対しての面接官の回答に対して、複数用意した自己PRの中から使えるものを答えていく方がよいです。

面接官の求める回答に対する答えをPRするので、必ず興味を持ってあなたの話を聞いてくれます。

転職エージェント

転職エージェントを使って転職する場合は、エージェントが前もって企業対策を教えてくれます。

これまでその企業の面接を受けた人のアンケートを元に、面接の様子や質問内容、面接官のことなど面接に役立つ情報を教えてくれます。

特に働きながら次の転職先を探している人は、転職エージェントを使わずに転職を成功させることはほぼ不可能です。

これまでの情報とあわせて、エージェントの話を聞くことで、より明確に立体的に企業が求める人物像をイメージできると思います。

◯◯力にあわせたストーリー

企業の求める人物像をイメージできれば、その人物像に必要な◯◯力に見合ったエピソードが必要です。

◯◯力は、単に持っていますとアピールしても誰も信用してくれません。

その◯◯力を培った経緯や経験を裏付けるストーリーを語る必要があります。

このとき大切なことは、あなたが語れるストーリーや語りたい・主張したいストーリーを語るのではなく、企業が知りたいと思っているストーリーです。

コミュニケーション能力が必要とされているときでも、そのコミュニケーションは誰に対するコミュニケーションなのかで語れるストーリーは変わってきます。

社内か?社外か?
新規か?得意先か?

など、同じ◯◯力に関することでも対象が変われば、ストーリーも変わります

その◯◯力は「いつ・誰に・どのように」必要とされる能力なのかを考えて、語れるストーリーを複数用意しておきましょう。

ストーリーをわかりやすく伝えるためのSTAR!

ビジネスでは、自分の話をわかりやすく簡単に伝える必要があります。

自己PRでは、そういった能力があるのかどうかという点も評価の対象となっているため、自己PRは簡潔にわかりやすく伝える必要があります。

自己PRのストーリーをわかりやすく伝えるための手法として、ここでは「STAR法」について解説をします。

STAR法とは、Situiation(状況)→Task(課題)→Action(行動)→Result(結果)の順番でストーリーを論理的に展開するフレームワークです。

このフレームワークを意識することで、ストーリーの着地点に迷うことなく、スムーズに話をすることができます。

自分のアピールしたい◯◯力を培った体験や実績をフレームワークに当てはめて、魅力的な自己PR文を完成させましょう。

魅力的だと思われる人材とは?

ここまで自己PRの作り方について解説をしました。

しかし、面接で一番大切なことは、面接官のあなたへの印象です。

第一印象がよければ、面接官はあなたの良いところを面接の間中探してくれます。

では、どうしたら面接官に魅力のある人材だと思わせることが出来のか?

答えは、あなたの持っている可能性を表現することです。

人は過去の実績よりも未来に実績をあげてくれそうな可能性のある人を好みます

カリスマと呼ばれる人たちに夢を語る人が多いのはそのためです。

彼らの夢にボクたち聴衆が魅了されているに過ぎません。
これまでの彼らの実績やその夢が実現可能かどうかなどは関係ありません。

キラキラした目で夢を語る人に、未来の可能性に惹かれているのです。

面接をするときは、過去の実績を語ることも重要ですが、その会社に入社した後にどのような活躍ができるかを夢を持って語ると面接官に魅力のある人材と見られます。

自己PRでは、過去の実績とあわせて未来の可能性も語りましょう。

まとめ

自己アピールの苦手な人に対して、面接における自己PRの作り方について解説をしました。

自己PRは自分のこれまでの経歴を棚卸しするだけではいけません。

面接をする企業の求める人材に当てはまる◯◯力を持っていることをアピールする必要があります。

そのためには、求人票やホームページなど企業のことを知ることができる媒体を活用して、自己PRできる内容を複数用意しておきましょう。

話の流れの中で、アピールできそうなエピソードを複数用意しておくことで、強烈にインパクト残る内容がなくても十分にあなたの魅力をアピールすることができます。

自己PRは企業が求める力を持っていることの証明とそれを使ってどのようなことができるのかといった未来を語ることです。

参考になればうれしいです。