ファッションが人に与える影響!服を変えるだけで印象は変わる
アシのMちゃんアシのMちゃん

服を選ぶときに、どういうところに気をつけたらいいですか?

という人に向けた記事です

男性と女性に関わらず、着ている服の印象によって評価が変わります

人は服装でその人の地位を見ているからです

社会的地位の高い人であれば、わずかな服装の乱れでも顕著に悪影響がでます

テレビに出演している芸能人やキャスター、政治家の服装が乱れているだけで

疲れているのかな?
だらしないな・・・
仕事できなさそうだな

と思われます

ほどよしほどよし

年齢や地位が上がるにつれて、服装の重要性は増してくる

そのため社会的地位や会社での立場を上げるには、服装に気をつけることは大切です

逆に考えれば、服装に気をつけるだけで周囲の評価が上がるので、服装が印象に与える影響を知ることは大変おすすめです

この記事では、人生を程よく楽に生きるために服が与える影響について解説をします

自分と似た服装の人を好む

男性と女性に関わらず、人は自分と似た服装の人を好みます

カジュアルな服装が好みの女性は、カジュアルな服装の男性を好みます

恋人や夫婦が似ているように見えるのは、服装の好みが似ているからです

ドラマや漫画のように、地味なスーツを着た女性がパンクスタイルの男性と付き合うことは稀です

ほどよしほどよし

TPOに合わせて、服装を選ぶことが大事

自分と似たような服を着ている人が好まれるため、会社や飲み会、パーティなどドレスコードにあった服を着るようにしましょう

パーティ会場に短パンで行くと、確実に嫌われます

服装が与える印象1 フォーマルな服装

スーツなどのフォーマルな服装は、権力の象徴しています

良いスーツは自信を上げ、交渉能力が2〜3倍になります

また、フォーマルな服装は仕事モードに入りやすいため、想像力を高め、物事を俯瞰して見られるようになります

将来のことを考えたり、他人に影響を与えたいときは、スーツなどのフォーマルな服を着るようにしましょう

ちなみに、スーツ姿の男性を女性は好むといわれていますが、スーツと魅力に対する相関関係はありません

スーツはどこに行っても恥ずかしくない格好であるため、好みやTPOを外す可能性の低い安全な服装であるというだけです

ほどよしほどよし

服に自信のない男は、とりあえずスーツを着ておけば大丈夫

服装が与える印象2 ギャップは損をする

自分の年齢やキャラクターと合わない服装をすると損をします

服装にはバイアスがかかっているからです

大胆な服を着ている服は出会いを求めていると思われる傾向があったり、クラシックな服を着ている人は真面目と思われます

そのためキャラクターと服装が合っていないと、思ったより

仕事ができない
面白くない
誘いに乗ってこない

と、印象が悪くなります

また、白シャツに黒のパンツスタイルといった無難な服装ばかりする人は、問答無用で面白くなさそうと思われるため、おすすめしません

服装は自分のキャラクターと見られたい印象の境目を選ぶことがおすすめです

ほどよしほどよし

男性の場合は、フォーマルなジャケットに色味で印象を変えるなど工夫が必要

服装が与える印象3 身だしなみが一番大事

高級な服装は自信を与えますが、服選びより身だしなみが一番大事です

清潔感のある人を嫌う人はいないからです

高級な服装はブランドが持つイメージと結びついているため、着ている人に社会的地位の高い振る舞いを要求します

そのため、少しの服装の乱れで悪い印象を周囲に与えてしまいます

また、流行を追い求めすぎるとストレス過多になったり、気分が変動しやすくなります

服装は古くから愛されている普遍的な服装をキチンと着ることが、印象にも心身にも良いとされています

ほどよしほどよし

飾らずありのままの姿でいられる服装が一番いい

色が与える印象

服装やアクセサリーの色によっても、人の印象は変わります

以下では、服装やアクセサリーに使われることの多い色の特徴について解説をします

色が与える印象1 黒

フォーマルや色選択に困ったときに選ぶことの多い黒は、男性を攻撃的に見せます

ただし、女性には相関関係はありません

黒服にサングラスをかけている男性が威圧的に見えるのはそのためです

仕事でスーツを着る機会の多い人は、攻撃性を抑えるためにネイビーやグレーなど印象を和らげる色を選択した方がいいかもしれません

ほどよしほどよし

童顔で優しい雰囲気を払拭したいときは、あえて黒を選ぶといい

色が与える印象2 白

白はニュートラルで優しさを表す色です

優しい印象を周囲に与える白は選択するには無難な色ですが、身につけている人も優しくなるためビジネスなどの交渉で譲りやすくなります

そのため、交渉ごとに挑む際に白をまとうのはおすすめしません

社会的地位の高い人が、従業員の方と気軽に接するために着るなどTPOを考えて身につけるようにしましょう

ほどよしほどよし

ニュートラルな印象がある白は、ジャケットの下に着るシャツなど差し色として使うといい

色が与える印象3 赤

赤は若さと美しさを象徴とする色です

そのため赤い服が似合う男性は、堂々として魅力的に見えます

ただし、似合う人に限ります

赤の似合わない人が赤を身につけると自信なさげに見えます

ほどよしほどよし

赤はイケメンと美女にしか味方しない。一般人が使用するのは要注意

色が与える印象4 青

青は親しみやすさを表す色です

そのため色の中では、もっとも無難な色といえます

ただし無難な色であるため、Tシャツにジーンズなどカジュアルな服装なときに青を多用すると親しみやすさが強調されすぎる恐れがあります

また、男性の場合は年齢を重ねるたびにフォーマルな服装をする人の方が親しみを持たれやすくなります

年齢にそぐわないカジュアルな格好の男性は、反対に忌避されます

女性の場合は、その逆でフォーマルな格好の人は親しみが減り、カジュアルな格好を好まれます

青を着るときは、親しみやすさが強調されすぎないようにフォーマルな服装のときに用いるとバランスが取れます

ほどよしほどよし

男性はフォーマル。女性はカジュアルの中に青を使うと親しみがアップする

まとめ

着ている服や使っている色によって、人の印象は大きく変わります

好かれたい人がいるときは、その人と似たようなファッションをすることで好印象を持たれやすくなります

TPOを意識して、見出しになみを整え、自分に合った与えたい印象を意識して服装を選ぶようにしましょう

服装を意識するだけで、人生は少し楽になります

人生をほどほどに楽に生きるために、服装選びをするのはおすすめです