第一印象で得する人の特徴!誰とでもうまくやる方法
ほどよしisisほどよしisis

他人に影響を与えて、誰とでもうまく付き合う方法について解説をします。

一言でいうと、カリスマと呼ばれる人の特徴について話をします。

アシのMちゃんアシのMちゃん

人を惹きつける魅力的な人ってこと?

ほどよしisisほどよしisis

そう。

なぜ彼らは、人を惹きつけることができるのか?

答えは、かんたん。

ほどよしisisほどよしisis

他人のために、情熱を燃やせるからだ。

第一印象をよくするカリスマの特徴!

他人のために情熱を燃やせる人は、相手からの印象をよくをして良好な人間関係を構築することができます。

アシのMちゃんアシのMちゃん

こっちのことを想って行動してくれる人なら、それは好きになるよね。

ほどよしisisほどよしisis

うむ。

しかし、この当たり前のことを多くの人ができていません。

「誰かのため」「社会のため」と言っていても、結局は自分のことを第一に考えるのが人間です。

その結果、あなたは誰からも好かれず、誰もあなたについてきてくれません。

しかし、カリスマは相手の話をよく聴き、その話に共感して自ら情熱的に考え、行動します。

アシのMちゃんアシのMちゃん

素敵な人だね。

ほどよしisisほどよしisis

うむ。

しかし、カリスマが本当に相手のことを想っているかというと、そういうわけでもありません。

アシのMちゃんアシのMちゃん

どういうこと?

ほどよしisisほどよしisis

本当に他人のことをおもやる必要はない。想っていると相手に信じ込ませればいい。

アシのMちゃんアシのMちゃん

!?

第一印象を良くする方法!

その1 相手を理解していると思わせる

人は自分のことを理解してくれる人に好意を持ちます。

アシのMちゃんアシのMちゃん

それはそうよね。

しかし、他人の心を読むことのできない人間は、他人のことを本当に理解することはできません

理解できない代わりにできることは、相手の話に共感することです。

アシのMちゃんアシのMちゃん

共感?

ほどよしisisほどよしisis

そう。他人の心は分からないけど、相手の言っていることに共感することはできる。

相手に自分が、「あなたのことを理解していますよ」と思わせるためには、相手の意見に同意して共感している態度や言葉で表現しよう。

その2 相手の話を傾聴する

相手の話に共感するためには、まず相手の話をよく聴く必要があります。

アシのMちゃんアシのMちゃん

これも聴いている風でいいの?

ほどよしisisほどよしisis

いや、傾聴はできる限り聴いて覚えておくほうがいい。

以前に会ったことや話した内容を覚えておいてもらえると、人は喜びを覚えます。

反対に、以前に言ったことを覚えていない人は信用を失います。

特に人は相手の話を聴いているときも、次に何を話そうかと自分の心に気持ちを向けがちです。

自分の心に気持ちを向けるのではなく、相手の気持ちに目を向けてなるべく話を真摯に聴くことをおすすめします。

また、話を聴いていないと思われて誤解されやすい人は、聴いた話を要約すると真摯に話を聴いてもらえていると相手は判断します。

話の要約ができると自然と自分のトーク力もアップするので、重要なことは適度にまとめて相手に確認するようにしよう。

その3 相手の行動や考えに情熱を注ぐ

第一印象をもっともよくするのは、相手の話を聴き、その内容を理解した上で、相手の未来の行動や考えに情熱をもって応えることです。

アシのMちゃんアシのMちゃん

自分のために考えて動いてくれる人は、好きになるよね。

ほどよしisisほどよしisis

そう。

他人の第一印象を良くするためには、カリスマのように自分のためだけでなく、他人に貢献できる目標を立てることが大切です。

自分のためだけに目標を立て行動をしても、周囲から嫉妬や妬みを買い、また不安感や絶望感も強くなるため、モチベーションが続きません。

第一印象を良くするためには、自分以外の誰かに貢献する意識をもってコミュニケーションをはかると、必ず良い印象を持ってもらえます。

その4 一貫した自信と未来を伝える表現力

意見のコロコロ変わる人は、他人から信用されません

また、他人から信用されるにはトーク力やリアクションなどの表現力も必要です。

アシのMちゃんアシのMちゃん

カリスマっぽくなってきたね。

ほどよしisisほどよしisis

一貫した自信とそれを表現できるトークとリアクションで周囲に安心感を与えるんだ。

一貫した自信を持つためには、目標に対してスモールゴールをたくさん設定して成功体験をたくさん積み、自分の進んでいる道が間違っていないことを確認しよう。

表現力については、読んだ本のストーリーを要約して伝えるなどを練習すれば、わかりやすく話すことができるようになります。

まとめ

  • 第一印象を良くするには、カリスマの特徴を学ぶこと。
  • カリスマになるには、相手の話をよく聴き、その内容に共感し、自分以外の誰かのために行動ができるようになること。
  • 一貫した自信と表現力を合わせ持てば、あなたも大衆を扇動するカリスマになれます。