良い人間関係を長く続けるコツ!

友達や恋人関係が長く続かないのは、自尊心が低いからです。

自尊心が低くなると、自分に自信がなくなり、自暴自棄になります。

自暴自棄になると、自分を好きになってくれる相手を選ぶようになったり、関係が壊れることを恐れるあまり対等に接することができなくなります。

その結果、付き合う意味がなくなったり、けんか別れして人間関係が終わりを迎えます。

アシのMちゃんアシのMちゃん

社会人になってからの人間関係は、特に続かないよね。

ほどよしほどよし

社会人になると、立場や生活環境の変化が激しいから、人間関係は続きにくいからな。自尊心が低いとそうした壁も乗り越えられなくなる。

この記事では、自分に自信が持てない自尊心の低い人に向けて、良い人間関係を長く続けるためのコツを紹介します。

ほどよしほどよし

人生をほどほどに良くするためには、気の置けない友人や恋人は必要!

節度を持って接する!

相手との距離を詰めるために、相手の特徴などを話題にしたり、ブラックジョークを言ったりする人がいます。

良い人間関係をきづくためには、これは逆効果です。

日本人は近しい関係の人ほど雑に扱い、それほど親しくない人を丁寧に扱いがちです。

奥さんのことを悪く言ったり、自分のことを蔑む発言をしたりするのはそのためです。

しかし、ほどほどに良い人生を送りたければ、親しくない人より近しい人を大切に扱った方が、長期的な目線で見れば大切であることがわかります。

良い人間関係を続けたければ、家族や友人、同僚など近しい人ほど大切に扱うため、優しい言葉をかけるようにしましょう。

相手の話に興味を持つ

関係が長く続くと、相手のことや話に興味が持てなくなってきます。

そのため返事が雑になったり、聞いているふりをして聞いていないことはままあります。

しかし、興味を持ってくれない相手には相手も興味を持ってくれません。

人間関係を長く続けたければ、まずは自分から相手に興味を持つこと大切です。

そうすることで、相手もあなたに興味を持ち、関係を維持することができます。

また、興味を持って話を聞くだけで、相手のあなたへの好感度は爆上がりします。

相手の話を傾聴するということは、相手に取ってお金をもらう以上に興奮と価値を提供できるということです。

人間関係を長く続けたければ、相手に興味を持ち、相手の話を傾聴するようにしましょう。

それだけで相手はあなたから離れられなくなります。

相手に共感する

人は自分に近い考えや立場の人に共感を覚え、好意を抱きます。

そのため転職や昇進などをした途端、立場や考え方が代わり相手との付き合いが疎遠になってしまいます。

立場や状況の変化を超えて付き合いたい人がいる場合は、相手の状況に共感を示すようにしましょう。

相手の状況に理解を示すことで、相手はあなたに対して好意を持ってくれるようになります。

相手に共感していることを伝えるためには、できるだけポジティブな反応を返すようにしましょう。

相手の目を見て話を聞きながら適度に頷いたり、ポジティブな肯定の言葉を返すことで共感は示すことができます。

気軽に話す

ラフな空気感で気軽に会話できる人は、たくさんの人に囲まれているため自尊心が高くなり、色々ない人と気軽に人間関係を続けることができます。

また、相手からも気軽に話しかけることができるため、立場や環境が変わっても、気軽に連絡をしてくれるようになります。

反対に、話しにくい人との縁は簡単に切れます。

わざわざ連絡するのが、億劫だからです。

普段から気軽に話しかけられるようにしておけば、いつどんなときでも気軽に声をかけてもらえます。

相手と話をするときは、なるべくラフな空気を作って会話を楽しむようにしましょう。

まとめ

  • 自尊心が低いと、人間関係が続けにくい
  • 親しい中にも礼儀は必要
  • 人は興味を持ってもらえる人と付き合う
  • 相手への理解と共感が大切
  • 気軽に話せる空気感を出す