成功する人の特徴!?要領よく楽に生きる方法

成功する人は、やらなくていいことをカットします

多くの人は何か新しいことをはじめると、基本をしっかり抑えようとしたり、コツコツやろうとします

  • 書籍や参考書は、前から順番にすべて読む
  • プログライングを学ぶときは、学校に通う
  • 投資をタイミングを測って、最安値で投資しようとする

ついやってしまう凡人的行動が、成功への道を遠ざけます

ほどよしほどよし

無駄なことに労力を使いすぎている

成功する人は、

  • 参考書は、知らないところだけ読む
  • プログラミングは、作りながら覚える
  • タイミングを測らず、ルールを決めて投資をはじめる

など、成功までのルートを最適化します

ほどよしほどよし

ポイントは、ルールをシンプルにすることだ

では、ルールをシンプル化するには、どうすればいいのか?

冒頭で述べたように、やらなくていいことをカットすることです

凡人を定義したアインシュタインの言葉に、次のようなものがあります

狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること

結果の出ないことを繰り返しても、結果は変わりません

変わらないことに期待するのではなく、変えられることを変えていく勇気を持つことが大切です

この記事では、人生を程よく楽に生きるために、成功する人の要領のいい生き方について解説をします

ほどよしほどよし

無駄を省いて、シンプルに生きれば人生は楽になる

成功する人の特徴1 楽をする

多くの人が、成功するためには人並み以上の努力が必要と考えています

また、努力することは素晴らしいことと努力を美化しています

ほどよしほどよし

努力は必要だが、努力が素晴らしいわけではない

そのため、楽をして結果を出そうとすると嫌悪感をむき出しにします

「楽をすることを考えずに、必死になって頭と手を動かせ!」

など、狂気じみたことを言い出します

これは間違いです

必死になって体や手を動かすと、思考は停止します

そのためやっても意味のないことに必死になり、無駄に時間ばかりが過ぎてしまいます

ほどよしほどよし

成功する人は、楽をして成功することを考えている

人は、制限のある方が良いアイデアが思い浮かぶからです

制限をかけるときのポイントは、お金を制限するのではなく、時間や労力をかけない方法を考えることです

お金を制限しようとすると、無駄に時間と労力をかけてしまいます

成功するためには、楽をしても同じだけの結果を出せる方法について考えよう

成功する人の特徴2 こだわらない

計画的にサボるためには、先人が作った便利なモノを上手に利用することです

ビジネスをはじめるときや仕事をするときに、多く人は自分なりの独自性(カラー)を出そうとします

ほどよしほどよし

自分の価値をアピールするために、他人を巻き込むな。自己アピールは、迷惑だということを知ろう

評価は結果を出してはじめて評価をされるので、こだわりをアピールすることに意味はありません

仕事のスタイルや余計なこだわりにとらわれず、

  • 自動化できるものは自動化する
  • 結果の変わらないものは無視をする
  • ルールはシンプルにする

などを行えば、楽に結果が出ます

多くの人は、放っておくと余計なルールを作ったり、無駄なことにとらわれたりするので、巻き込まれないように注意しよう

成功する人の特徴3 そもそも論で考える

大衆は常に間違う

アメリカの自己啓発作家・実業家のアール・ナイチンゲールの言葉です

投資の逆張りをする際によく使われます

多くの人は、思い込み(バイアス)により判断を間違えるという意味です

ほどよしほどよし

努力=美徳と同じように、多くの人が思い込みにより前提条件を間違えている

前提条件を間違えているため、無駄に手間のかかる仕事をしたり、下手な正義感や無意味な道徳心で他人を攻撃してきたりします

そういった考えに巻き込まれずに、楽して結果を出すためには、

  • 上司の言いなりにならない
  • 他人の言葉を鵜呑みにしない
  • 仕事のやり方に疑問を持つ

など、思考を停止させずに常に自分なりのベストを考えて、仕事のやり方を工夫して変化させることが大切です

成功する人の特徴4 他人の失敗を参考にする

成功者=パイオニアと誤解されがちですが、これは間違いです

はじめに行動をした人は、失敗をしやすいからです

成功をする人は、そうした人の失敗を見て、問題解決をしてから行動を起こします

ほどよしほどよし

他人の失敗を参考にすると、失敗しづらい

成功する人は業界の第一人者と思われがちですが、実は二番手だったりします

焦らず最速の二番手を目指して賢い戦略を立てることで、成功しやすくなるからです

安定している業界や古い会社の中で成果を出すには、積極的な戦略が必要ですが、変動の激しい業界や仕事の速度が速い現場では二番手が有利です

おいしい所をゲットできるように、他人の失敗を観察して分析しましょう

成功する人の特徴5 シンプルを極める

成功するビジネスモデルは、実にシンプルです

ユニクロはLifeWearというコンセプトに基づき、究極の普段着作りを続けています

そのため最先端のファッションを求めず、長く使い続けられる定番の服作ることで成功をおさめています

ほどよしほどよし

成功する人も同じだ

楽をして結果を出すというシンプルな思考と習慣を武器に、

  • 自動化できるものは自動化する
  • 既存のプラットフォームを利用する
  • 無意味な選択と判断はしない

など、やることよりもやらないことを決めて行動をしています

大抵の人は、会社の売上を上げるために新しいサービスを考えてたり、オプションを増やそうとしたりします

その結果、ルールが複雑になり利用者が減少します

携帯会社の料金プランのようなものです

  • 得をしているのか
  • 損をしているのか

わからなくなります

このような失敗をしないためには、ルールをシンプルにことが大切です

楽天mobileのように、

1GBまで無料

としてしまえば、お得であることに間違いがありません

ルールをシンプルにすることで他者との差別化をはかり、抜きん出た結果を楽に出すことができるようになります

まとめ

成功するためには、シンプルに考えて要領よく生きる必要があるということを解説しました

要領よく生きるためには、

  • ルールを複雑にせず
  • 無駄な努力をせず
  • 楽にすることを考える

ことです

多くの人は努力するポイント(前提条件)を間違っているので、ポイントをおさえることができれば、楽に成功することができます

ほどほどに楽によい人生を送るためには、他人の失敗を観察・分析したりして、楽に生きられるポイントを考えて生活しましょう