事業所得のメリット【節税対策】

副業をはじめる時に知っておくと有利なのが、税金対策です。

税金対策と一言でいうと、「悪い」「ずるい」などマイナスのイメージを持たれている方もいらっしゃいますが、そうではありません。

多くのサラリーマンや僕のように給与所得が低い社会人が副業をして、少しでもお金持ちに近づくためには、稼いだお金を効率よく貯めるために必要な知識です。

そこで今回は、副業で稼いだ所得を事業所得にするとなぜお得なのか?ということについて解説していきます。

事業所得とは?

まず初めに、そもそも事業所得とは何なのか?について解説します。

国税庁のホームページでは、事業所得を以下のように定義しています。

事業所得とは、農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業を営んでいる人のその事業から生ずる所得をいいます。

 ただし、 不動産の貸付けや山林の譲渡による所得は事業所得ではなく、原則として不動産所得や山林所得になります。

国税庁

雑所得?不動産所得?といろいろ新しい言葉が出てきましたが、覚えておく大事な言葉はこの2つ。

  • 事業所得
  • 雑所得

会社員が副業をすると、基本的に「事業所得」か「雑所得」の2つの所得のうち、いずれかに割振られます。

所得の種類について

事業所得と雑所得の違いを知る前に、所得の種類がどれくらいあるのか見ておきましょう。

所得税法では、その性格によって所得を次の10種類に区分しています。

  1. 利子所得
  2. 配当所得
  3. 不動産所得
  4. 事業所得
  5. 給与所得
  6. 退職所得
  7. 山林所得
  8. 譲渡所得
  9. 一時所得
  10. 雑所得

細かい所得の内容については、国税庁のホームページのリンクを貼っておくので、そちらを参考にしてください。

No.1300 所得の区分のあらまし(国税庁)

事業所得と雑所得の違いについて

会社員が副業をすると「事業所得」と「雑所得」に割振られると説明しましたが、これは半分正しく、半分間違いです。

なぜかというと、会社員が副業をすると多くの場合、その所得は雑所得になります

「ヘェ〜、あっそう・・・だから何?」と思われるかもしれませんが、事業所得と雑所得では大きな違いがあります。

ここを意識するのとしないのとでは、後々大きな違いが出てきます。しっかり抑えておきましょう。

雑所得とは?

雑所得とは、先に記した9種類に分けられた所得のいずれにも該当しない所得のことを言います。

実は、事業所得と雑所得には明確な違いの説明がありません

一般的には、ネットオークションやメルカリなどで得た一時的な所得は雑所得に割振られ、喫茶店などの飲食を提供するサービスで得た所得は事業所得となります。

つまり、誰が見ても独立性や継続性、反復性のある収入があると予測される所得は事業所得になると認識されます。

事業所得で申告するメリット

全ての副業を事業所得にするのは難しいです。

しかし、申告の違いだけで大きな違いが出るのも確かです。

そこで事業所得で申告をするメリットを見ておきましょう。

  • 給与所得などの損益通算
  • 青色申告特別控除
  • 青色事業先住者給与
  • 純損失の繰越と繰り戻し
  • 30万円未満の少額減価償却資産の特例

ここで覚えておきたいのは、「青色申告特別控除」です。

青色申告特別控除とは?

青色申告特別控除とは、青色で確定申告をする個人事業主(フリーランス)を対象とした控除制度です。

その効果は、条件によって10万円または65万円のいずれかの控除を受けることができることです。

イメージがしやすいように、カンタンな例を紹介します。

あなたは自宅マンションションの2割のスペースを副業用の執務デスクとし、クライアントとのやりとりをメールや電話で行ったとします。そして、この他に光熱費や書籍代など合計35万円を経費として計上しました。

この時の控除金額を計算するとこうなります。

合計100万円(青色申告特別控除65万円+経費35万円)×税率10% = 10万円

※税率は、所得税率により異なります。

つまり、年間10万円の控除を受けることができます。

社会人になったばかりの人が40年間継続して副業を行うと、400万円の控除ができます。

つまり、事業所得で申告しなければ1年間ただ働きをする可能性があるということです。

まとめ:ルールを知り、効率的に働こう!

資本主義のこの国では、まず稼ぐ力を身につけることが大切です。

しかし、僕のように稼ぐ力に乏しい人間は、稼ぐより守る力の方が重要ということもあります。

勝つことも重要ですが、負けないことはそれ以上に大切です。

少ない所得と資産を生かし、ほどよく自由な生活を手に入れるためにゆっくり学んでいきましょう。