HGガンダム グレモリー

商品・機体説明

2021年10月16日発売。価格は1,980円(税10%込み)。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼」より、ガンダムグレモリーがHGで立体化!

ガンダム・グレモリーは、ギャラルホルンに長年属する名家の一つナディラ家に代々継承されてきた「ガンダム・フレーム」を持つモビルスーツ。その所有は次期当主のデイラ・ナディラ(男装の令嬢)に引き継がれている。

グレモリーの最大の特徴は、外套のようなオープン機構の頭部装甲ナノラミネートコートとダメージ加工された左右非対称の巨大な鎌状の武器「バトルアンカー」。そのフォルムと武装から「死神」を連想する者は多い。

キットのフェイスカバーは展開可能なギミックになっており、背部のウイングもフレキシブルに稼働。シンプルな構造であるため稼働範囲が大きく、全身の稼働構造を活かして様々なポージングを演出することができる。

※注釈:鉄血のオルフェンズ 月鋼とは、月とその周辺のコロニー群を舞台とした鉄華団とは視点の異なるマフィアの内乱を描いた外伝作品。

おすすめポイント
おすすめしないポイント
  • 素組でも十分にカッコいい
  • 合わせ目が発生しない
  • 作りやすい
  • 稼働範囲が大きい
  • 自立させにくい
  • 付属品・武装が少ない
  • ガンダムに見えない
  • 作品がマイナー

HG ガンダムグレモリー 付属品

ガンダム グレモリー 付属品

ガンダムグレモリーの付属品は、近接戦闘武器のバトルアンカーとその持ち手のみです。

ちなみに、本来のバトルアンカーは左右対称の錨型の武器だったそう。”過去の激しい戦闘に破損している”という、劇中の設定が忠実に再現されています。

HGガンダム グレモリー 添付シール

付属のホイルシールがこちら。
>ツインアイや肩、バックパック、足首などのグレーを補えます。

HG ガンダムグレモリー 全身像

HGガンダム グレモリー 全身像

HG ガンダムグレモリーの素組完成キットです。
機動戦士Zガンダムに登場する「バウンド・ドッグ」を彷彿させる機体カラーは、ネイビーブルーにセールカラーとピンクの差し色でまとめられています。

装甲の下から垣間見えるガンダムフレームは、HG鉄血オルフェンズリーズのランナーが流用されています。流用したのは、HG IBO ガンダムバルバトス第6形態で使用されているガンダムフレーム4です。

ガンダムフレーム1の形状をベースに、肩や足などの細かな仕様が異なっています。

HG ガンダムグレモリー 上半身

HGガンダム グレモリー 上半身

ガンダムらしからぬ特徴のあるマスクに、胸部の突き出たフィンが印象的。
フィンは別パーツ化されているため、無塗装でも満足できる仕様になっています。

肩に合わせ目が発生しますが、段落ちモールド化されているため特に目立ちません。

HG ガンダムグレモリー 背面

HGガンダム グレモリー 背面

背面装甲と一体化したナノラミネートコート(フェイスカバー)は、差し替えなしでスライドするギミックになっています。

脚部のカカトがバルバトス第6形態のように、ヒール化されています。そのため全高は高めで、スタイリッシュな印象を受けます。設置性は抜群なので、アクションベースなどの支えがなくても難なく立たせることができます。

HGガンダム グレモリー ブースター

翼のようなブースターは、スイングと回転が可能。ブースターの裏面はディテールが施されており、赤色の内部をグレーのシールで補うことができます。

ちなみに、ブースターは左右分割のモナカ構造ですが、合わせ目は目立たないように段落ちモールド化されています。

HG ガンダムグレモリー ナノラミネートコート装着状態

HGガンダム グレモリー ナノラミネートコート装着状態

背部のナノラミネートをスライドし装着すると、一気に死神感が増します。

HGガンダム グレモリー ナノラミネートコート装着状態

コートの脇から突き出るアンテナがウサギのようでカワイイ。
アンテナには切り欠きがありますが、稼働は制限されています。

HG ガンダムグレモリー 頭部

HGガンダム グレモリー 頭部

額周りとフェイスマスク全面の2パーツ構造の頭部。

HGガンダム グレモリー 東部合わせ目

後頭部に合わせ目が発生しますが、特に目立ちません。

HG ガンダムグレモリー 腕部

HGガンダム グレモリー 腕部

前腕には、稼働する装甲が装着されており、シールドのように構えることができます。

ピンクに成形された手のひらパーツは少し大きめ。
持ち手のマニピュレーターはグレーで成形されているので、こだわりのある方はどちらも部分塗装が必要です。

HG ガンダムグレモリー 胸部

HGガンダム グレモリー 胸部

シャープに立体化されたフィンは、胸部装甲の裏から突き出るような形で別パーツ化されています。

首元は胸部装甲のフレームを前後から挟み込むような形で取り付けることができ、わずかですが動かすことができます。

HGガンダムグレモリー 腰部

HGガンダム グレモリー

HGガンダム グレモリー 腰部合わせ目

ガンダムフレームが剥き出しの腰部装甲。フレーム側面に合わせ目が発生しますが、前後ハメ込み式の装甲で段落ちモールド化されています。

HGガンダム グレモリー フロントアーマー

フロントアーマーは、サイドアーマーのボールジョイントに接続する方式。股関節のスイングに合わせて稼働します。

HGガンダムグレモリー 脚部

HGガンダム グレモリー 脚部

ヒールタイプの美しい脚部。鉄血HGシリーズに共通した合わせ目の少ない設計になっています。

HGガンダム グレモリー 脚部背面

脚部背面に露出するガンダムフレームにも目立った合わせ目もありません。

HGガンダム グレモリー 脚部可動域

180度開脚する下半身は柔軟で、足首の設置も良好です。ただし、膝下が長いため、膝立ちはできません。

HGガンダムグレモリー 武装

HGガンダム グレモリー 武装

手のひらパーツを差し替えると近接武器ボトルアンカーを握らせることができます。

HGガンダム グレモリー 武装

長柄のバトルアンカー。左右非対称なので、刃の部分は常に下にきます。

HGガンダム グレモリー 武装

バトルアンカーを安定して支えるために、持ち手を両方変えます。

HGガンダムグレモリー ポージング

HGガンダム グレモリー ポージング

ボックスのイラストと同じ構図のポージング。

HGガンダム グレモリー ポージング

死神と恐れられる雰囲気を十分に楽しむことができます。

まとめ:完成度の高い異形のガンダム

HGガンダム グレモリー

HGガンダムグレゴリーのレビューをしました。

死神を彷彿させるシルエットが印象的な異形のガンダム。
足首がヒール状になっているため野暮ったさがなく、背面のスラスターや武装もスマートそのもの。

鉄血シリーズに共通する合わせ目の少ない装甲とガンダムフレームは、素組でも十分に楽しめるキットです。
また、各所にピンクの成形色が使われているため、塗装派も楽しめるキットになっていると思います。

個人的には、死神っぽくマット仕上げで完成させようと思っています。

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグレモリー 1/144スケール 色分け済みプラモデル

ガンダムグレモリー
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』より、ガンダム・グレモリーがHGで立体化!
■特徴的な頭部はフードの展開、内部のガンダムフェイスも再現。
■頭部のフードは2軸可動により表現の幅を広げている。
■片刃が破損し巨大な鎌にも見える特徴的なバトルアンカーは、破損箇所に緻密なディテールを施しリアリティをアップ。
■小手アーマーは2軸可動させることで、バトルアンカーを構えたポージングを阻害しない設計となっている。

購入はこちら(Amazon)