アイデアをひらめく条件!解決策を無意識に出す方法!
アシのMちゃんアシのMちゃん

ビジネスのアイデアを聞かれても、すぐにアイデアがひらめきません。アイデアの作り方をおしえてください。

こんな人のための記事です

会社の打ち合わせで、今後の方針や問題の解決法などアイデアを聞かれることがあると思います

そうしたときに、すぐさまアイデアのひらめける人とそうでない人がいます

アイデアをひらめくためには、ひらめきの構造を知り、アイデアを最高最速のスピードで判断する必要があります

ツクルカツクルカ

ひらめきとは、確信はあるけれど理由が説明できない状態のことだ

結論をいうと、アイデアをひらめく人とそうでない人の差は「自信」です

理由の説明できないことに対して自信を持つことができれば、なんとなく思いついたひらめきをアイデアとして形にすることができます

では、このときの「自信」とは何なのか?
どうすれば、自信満々に自分のアイデアを語れるようになるのか?

無意識にアイデアを形にできるようになれば、会議や打ち合わせで苦労することがなくなり、仕事が程よく楽になります

この記事では、アイデア出しに困っている人に対して、無意識にアイデアをひらめく方法について解説をします

アイデアをひらめく条件

アイデアをひらめくためには、5つの条件があります

知識と経験
常識の再構成
個性と自信
内発的動機による行動
仲間の存在

順を追って、解説をします

ひらめきの条件1 知識と経験

アイデアをひらめくためには、基礎知識が必要です

業界や仕事への理解と知識、そして経験のいずれかを持っていれば、複数の条件を組み合わせてアイデアをひらめくことができます

日頃から勉強し、意識的に挑戦する回数を増やせば、会議などでも無意識にアイデアを思いつくことができます

目の前にある問題を過去の出来事や学んだことと紐づけて、具体的な回答を導き出せるからです

ツクルカツクルカ

アイデアは意外な組み合わせから生まれる

アイデアを生み出すためには、

知識を学ぶ
経験回数を増やす

と、無意識にアイデアをひらめくための土台を作ることができます

ひらめきの条件2 常識の再構成

知識は、身につけてから崩すことが大切です

世間の常識が間違っていることもあるからです

たとえば、これからの社会はネットを中心に回るからネットワークビジネスが必要として、IT部門を立ち上げようとする会社があるとします

しかし、多くの企業のIT計画は失敗に終わります

これからの社会がネットを中心に回ることは確実ですが、すべての会社のビジネスにネットワークビジネスが必要ではないからです

ツクルカツクルカ

常識は常に疑え

問題を解決するためには、問題の本質を新たな視点から眺めて再定義することが大切です

そうしなければ、間違った常識や思い込みに支配されて、道を間違えてしまいます

思い込みに支配されず、問題の本質を見極めるためには、基礎知識が必要です

そして、身につけた知識=常識を疑い、問題を分解して再構成する中で、問題を解決できるアイデアをひらめくことができます

ひらめきの条件3 個性と自信

実は、多くの人はアイデアをひらめいています

にもかかわらず、多くの人が会議などで発言ができていません

自分の個性を信じて、みんなの前で発言するというリスクを取れないからです

ツクルカツクルカ

恥をかくことを恐れて、みんな発言できない

障害を乗り越えるためには、失敗しても気にしないという強いマインドが必要です

強いマインドを手に入れるためには、自分のアイデアに自信を持つことです

自信を持つためには、数多くの失敗と成功を経験することが大切です

経験を繰り返すことで

失敗しても評価に影響しない
失敗しても嫌われない

など、失敗に立ち向かうことができます

アイデアを形にするためには、アイデアを発言しなけばいけません

そのための自信を養いましょう

ひらめきの条件4 内発的動機による行動

アイデアをひらめくためには、新しい経験を求めるなどの自発的な欲求が大切です

障害を自ら乗り越えるためのモチベーションがなければ、障害を乗り越えることはできないからです

ツクルカツクルカ

義務感にかられた行動では、いざというときの対応ができない

ひらめきは普段からの積み重ねが大切です

他人から与えられるノルマや締切を決められる前に、

知識を集めておく
経験をしておく

など、準備を先回りして行動しておくことで、咄嗟にアイデアがひらめきます

慣れないうちは趣味でしたり、生活に余裕がある範囲で行ったりすると努力を続けることができます
好きだからやるぐらいの気持ちで、将来に備えておきましょう

ひらめきの条件5 仲間の存在

ひらめきを準備をするためには、励まし競争する仲間(ライバル)が必要です

競争相手がいないと、危機感がなくモチベーションが上がらないからです

ツクルカツクルカ

一人で考えるより、複数でディスカッションした方がアイデアは広がる

仲間とディスカッションをすることで、脳の活動も活発になり、これまでとは違ったアイデアがひらめくようになります

新しいアイデアは既存のアイデアとの組み合わせによって、ひらめきます

既存のアイデアと組み合わせるためには、いろいろな人の考えを混ぜ合わせることでイノベーションがおこります

自分一人で考えたアイデアに固執せず、仲間を集めてディスカッションし、アイデアを一つのものに再構成しましょう

これまでにアイデアが生まれる可能性が広がります

問題点を投げ出すと、アイデアが返ってくる

アイデアをもっとよりよくするには、思いついたアイデアを放置しましょう

意識を問題からそらすことにより、脳がリラックスしてひらめいたアイデアの問題点や改良点を思いつくことができます

ツクルカツクルカ

アイデアを寝かせるために、先回りして考えておくことが大切

アイデアを放置するときは、頭の中からそのアイデアをまったく思い出さないように放り出しましょう

問題点やアイデアを忘れることにより、無意識下でアイデアが他のアイデアと組み合わされて、考えを整理できるようになります

一度アイデアを思いついたら、脳をリラックスさせるために自信を持って問題を棚上げしましょう

きっと良いアイデアが降ってくるようになります

まとめ

アイデアをひらめくためには、準備とリラックスするための時間が必要です

常に先回りして準備を行うことにより、余裕と自信が生まれます

その余裕と自信があれば、アイデアをひらめくために問題を一時的に棚上げすることもできます

自信をつけるために、常に知識みがきたくさんの経験を積むようにしましょう