シンプルで楽に生きる方法!頑張らない生き方の選択!
アシのMちゃんアシのMちゃん

毎日がんばって仕事をしているのに、人生がよくなっているような気がしません。どうしたらいいですか?

こんな人のための記事です。


こんにちは、ほどよしです。

みなさんは、

  • がんばってるけど、給料が上がらない
  • あの人と比べて、自分はダメだ
  • もっと楽に生きられたら

とか、思ったことはありませんか?

結論からいうと、「抱え込みすぎ」です。

人間は、それほど優れた生き物ではありません。

一度にできることは1つが限界です。

しかし、複数のことを同時に考えながら毎日を過ごしていると、仕事の効率や生産性が落ち、余裕がなくなって、生活の中でのふとした喜びや楽しさに気づかなくなります。

こうなってしまうと、なんのために、誰のために、がんばっているのかわからなくなり、最悪うつ状態になります。

この記事では、過度ながんばりで人生を楽しめていない人に向けて「人生をシンプルでもっと楽に生きる方法」について解説をします。

ほどよしほどよし

大切なのは、自分にもやさしくすること!

人生を楽に生きるためにできる7つのこと

人生の満足度を上げるために気をつけることを集めました。

目の前のことに集中する

現代人は、仕事や将来、人間関係、情報、社会不安などいろいろな悩みを抱えながら生きています。

しかもその仕事の中にも業務や悩みを複数抱えながら、同時に業務活動をしています。

人間の脳は単一思考なので、複数のことを同時に考えながら行動することが苦手です。

そうした脳に負荷のかかる状態で長くすごしていると、ふと瞬間のよろこびやたのしさに気づく余裕がなくなります。

そうならないためには、いま目の前のやるべきことに集中することが大切です。

目の前のことに集中することがむずかしいという人は、1日1分でもいいので深呼吸(瞑想)をしてみてください。

気持ちがおちついて、頭がスッキリします。

ボクたちができるのは、いま目の前にある一つのことに集中することだけです。

それをくり返すことで、自然と効率と生産性が上がり、日々の生活にも余裕が生まれます。

完璧主義に陥らない

ダイエットなどの目標をたてるときに、人は意外と目標を高く見つもりがちです。

そのため、何か一つでもつまずくと、

  • 自分はダメな人間だ
  • やる気がなくなった

となり、何ごとも続かなくなります。

こうした完璧主義に陥らないようにするには、絶対に達成できる簡単な目標を立てることです。

ダイエットであれば、

  • 1日1回甘いものを自分の意思で拒絶する
  • 1時間に1回は自分の意思で立ち上がる
  • 1日1回着替えて、玄関の外にたってみる

など、毎日かならず達成できる目標をたてます。

そうすると、1日1回我慢していた甘いものを2回3回と我慢できるようになるし、1時間に1回たち上がったり、玄関の外にたったりすると、せっかくなのでそのままウォーキングを始めるようになります。

そうした習慣をくり返すことで、いまの自分よりダイエットしやすい環境を整えることができます。

完璧主義に陥らないためには、完璧にこなせる簡単なことをくり返すことです。

それ以外の完璧にこなせないことは、そもそも完璧にできる可能性の低いことなので、70点ぐらい目安にしましょう。

ツライことからは逃げる

ツライことに立ち向かい続けて、成功する人はいません。

勝つときは勝つし、負けるときは負けます。

大切なことは、挑戦をやめないことです。

挑戦をやめるとそこですべてが終わります。

最終的に成功する人は、失敗や負けを素直に認めて、ツライことからは逃げて、続けることを目標に最後まであがき続けた人です。

いま目の前にあるツライことから逃げても大丈夫です。

あなたの勝てる土俵や輝ける舞台、楽に生きられる環境を見つけて、そこで生きていけばいいんです。

不特定多数の人から好かれる必要はない

世の中の人は、大抵があなたの人生に関係のない有象無象です。

そして、あなた自身もその有象無象のなかの一人です。

大切なことは、自分が好意を寄せている相手や友人、家族に大切に思ってもらうことです。

あなたの人生に影響のしない人にまで好かれる必要はありません。

また、そこにかける時間も労力もないので、不特定多数の人から好かれるように気を回すのはやめましょう。

努力しないでできることを探す

人生をよくするためには、苦手を克服しないといけないと思いがちですが、違います。

仕事も恋愛も、人間関係も努力しないでできること、付きあえる相手を選ぶべきです。

その方が、単純に人生は幸せでたのしいです。

努力しないでできること、得意なことがわからないという人は、自分が普段何も考えずにしている行動を振りかえってください。

ついつい旅行サイトやブログを見てしまう人は、旅行が好きな人です。

いろいろな人に出会うことが好きな人は、外交的な人です。

人間関係で悩んでいる人は、きっかけはわからないけど、なんとなくいつも一緒にいる隣の友人を見てください。

その人が自分を偽らずに気楽に付き合える人です。

人は環境の影響を多分にうけるので、努力しないでできることは、実はあなたの周りにあふれています

反対に、自分がしたいことができていない場合は、環境を改善したり、変えたりすれば、目標に近づける可能性があります。

ぜひ、試してみてください。

他人と自分を比べない

もっとも人の精神に影響を与えるのが、他人と自分を比べることです。

容姿や年収、人間関係など比べはじめるとキリがありません。

しかし、自分がうらやましいと思っている相手も、実際は幸せでなかったりもします。

自分の目線や考えだけで、他人をはかり、勝手に落ち込んでいても、あなたの人生は何もよくなりません。

ボクたちにできることは、目の前の課題に挑むことだけです。

他の人の人生は、その人に任せておきましょう。

何ものにも依存や期待をしない

人生でツライことやネガティブなことがおこるのは、その人や物ごとに依存をして期待しているからです。

自分以外のことに依存や期待をしても、確率的には五分五分か、それ以下です。

どうせ成功するなら
どうせ失敗するなら

自分で考えて、判断して成功と失敗を繰り返した方が、人生はたのしく、人として成長します。

成功も失敗も受け入れて、人生を気楽に楽しくいきましょう。

まとめ

シンプルで楽に生きるための7つの方法について解説をしました。

シンプルで楽に生きるには、いま目の前にあることに集中することです。

そして、人生で成功したければ、がんばらなくても続けられることを選択すべきです。

また、頑張る必要のある人は、人間は環境によって支配されているので、それを達成できる環境に身を移し、がんばりましょう。

参考になればうれしいです。